神棚を購入する前に素材をチェックしてください

自分の代で神棚を祀るのは、何回もあるものではありません。

ほとんどの方は自分の一生に一度祀るものですから、「安かろう」「悪かろう」ではなく良材で作られた良い神棚をお祀りください。当店の神棚は安く売られている神棚とは違い、神殿・神祭具の専門店が自社工場にて作ったこだわりの神棚です。

ご購入の際には材質をご確認いただくと安心です。

伊勢神宮のご用材として使われ神殿・神祭具を作るのには最高の桧材です。

 

木曽の山にて天然木として国が管理し供給される木材(官材)です。宮忠ではその中でも樹齢150?300年の材を主に柾目挽きをして使用しています。

 

材質は香りも良く、柾目が細かく、色はほのかにピンク色掛かり年月を経て日焼けした色も落ち着きの有る上品な薄茶色になります。

 

近年、供給量が激減していて、この木曽桧の無垢材を用いることは贅沢とまで言われるようになってまいりましたが、宮忠では古来より神様廻りには最適と言われるこの木曽桧を3棟、延べ1000?の倉庫に大量に乾燥・保管し、いつまでも使えるように努力し現在も無垢材で神殿・神祭具を製作しています。

 

「木曽桧」は「尾州桧」「官材」とも呼ばれます。

また、家の柱材などによく見かける平仮名で書かれた「きそひのき」は植林材のことで、天然木の木曽桧と区別しています。